カテゴリ

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

ユーザーの声・導入事例

株式会社江原製作所さま


株式会社江原製作所さまのホームページにて、3D定盤の使用感など詳細に紹介して頂きました。
ありがとうございます。(下の写真をクリックで江原製作所さまのホームページをご覧いただけます)



この他のお客様の声


φ28定盤とツールセットを利用しておりますが、使い勝手は最高です。
使っていて感じたのは、3D定盤をもっと早くから導入するべきだったという事です。
それほど3D定盤によって作業効率が向上したという事です。
(早くから導入できていれば、どれほどセットアップに要した時間を節約できたかと考えると…)

3D溶接定盤で一番素晴らしいと思うのは完全に水平な表面で作業できる事
完全に水平な定盤にツールセットを使い、水平・垂直の位置決め、固定が素早く行えるので、即座に正確な正方形に固定できます。

定盤を導入する前だったら敬遠していた精度や形状の仕事も、今では前向きに受注できています。

10年前に戻れるなら、正方形とレベル出しのために費やされていた全ての無駄な労力から解放できていたのに・・・とつくづく感じます。

3D定盤を使って出来上がった精度の良い製品を見るのが大好きです。
これは私の仕事にとって、なくてはならないツールの1つです。

Smith's Welding Co.さま
直角や位置決めなどが簡単にできるため、仮付までの段取りが早くなった。
ツールの組み合わせでどんなに複雑な形状でも固定できるので、案件ごとに溶接治具を作成する手間や費用が不要になった。 また、そのおかげで溶接冶具の置き場がすっきりした。
クランプツールでワークを定盤に固定できるため、溶接台にワークを直付けする必要がなくなった。 これにより、ワークの直付やスパッタの固着がなくなったことでグラインダーで溶接台を削る作業が不要になった。 溶接スパッタを削る事が少なくなったため、定盤の平面も維持でき、作業能率も上がった。
3D定盤を使うことで、溶接初心者のスタッフでも歪の少ないキレイな製品を仕上げられるようになった。
3D定盤で歪を抑えることで、溶接後の歪取りの作業が不要になり、大幅に作業時間を短縮できた。
今までの定盤では、定盤の縁でしかクランプができなかったのが、3D定盤なら定盤の全面でワーク固定ができるので 今までと作業の考え方がまるで変わった。
現在複数台の3D定盤を使っているが、大型ワークの案件が入った時は定盤を並べて連結し広い定盤にして使うこともできる。 状況に応じてテーブル広さを使い分けられるので助かっています。